2012年05月09日

フィラリア予防の季節

5月〜11月まではフィラリア予防の季節…
ということで動物病院に行ってきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

院内には、数匹のワンちゃんたちが
フィラリアの薬をもらいに来ていて…
サン太を抱っこして待合室の椅子に腰かけると
右にはでっかいゴールデン、左にはミニチュアダックス

サン太はプルプル小刻みに震え始めあせあせ(飛び散る汗)
サン太にとっては生きた心地のしない状況です。

ゴールデンの飼い主さんが
「あららー、こんなに震えて〜バッド(下向き矢印)大丈夫だよ。この子おとなしいから。」と。
人間でいうと90歳近いらしく、確かに動こうともしないし優しそうなワンちゃん。
でも、そんな人間性…じゃない犬性のことよりも
その存在感に震えまくっているサン太。

左のミニチュアダックスが、かなり興味があるらしく
サン太に鼻を伸ばしてきます。
一応、サン太も鼻をくっつけてみました…
でも、緊張感がサン太から伝わってきます。
震えは止まらず…たらーっ(汗)
「おとなしいねー」と、両方の飼い主さんに言われ…
そりゃあ、声もだせないくらい緊張感MAXなんですから〜バッド(下向き矢印)

6か月分の効き目が一回の注射でOKのフィラリアの予防注射もあるんですね。
知らなかった!
これなら、忘れん坊の私でも安心だわ。
でも、今年もフィラリアの薬は錠剤にしました。
毎月同じ日に飲ませなくちゃならないのでカレンダーに印をつけてっと。

posted by ワンコ at 12:10| Comment(0) | 予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

いざ、狂犬病予防接種へ

近くのセンターで行われた狂犬病予防接種へ。
DSC_0209.JPG

遠くに犬たちの気配を感じてしまったサン太は
動こうとしません。フリーズしてしまいましたバッド(下向き矢印)
DSC_0207.JPG

DSC_0208.JPG
すっかり離れなくなってしまったサン太。
ワンちゃんたちの吠え合い?にビビりまくりふらふら
そこへ、近所の柴犬ジュンちゃんとおばさんがやってきて…
「あらー、サンちゃん注射怖いの?
たまにいるんだよね、怖がる犬って。」

「いえー、注射が怖いんじゃなくて
他のワンちゃんが怖くてうごけないんですぅ。」

「あらー、そうなの目珍しいわね。」

「ですよね…あせあせ(飛び散る汗)(珍しい犬と呼ばれてしまった…)」

サン太を抱っこして受付へ。
傍にはワンちゃんたちが!
サン太は心臓バクバクがく〜(落胆した顔)心拍数MAX!
接種料を払っているうちに、あれっ!サン太は…目
受付の長テーブルの下にもぐりこみ、スタッフのお姉さんの傍に避難。
ちょこんとお座りしてる場合じゃないよ、サンちゃん。
周りの人たちは注射が怖いんだと思い、
犬を抱っこしながら近寄ってきて声かけてくれるけど
『その犬が怖いんですあせあせ(飛び散る汗)』とは言えず…

家に戻ったサン太は、ようやく『クーン』と声を発し
お休みモードへ。お疲れさん!
DSC_0212.JPG






posted by ワンコ at 14:10| Comment(0) | 予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

黒くなったワケ

028santa.jpg

いよいよ、フィラリアの予防の時期。
今日は検診とお薬をもらいに動物病院に行ってきました。


そして、このところ気になっていた
鼻峰が黒くなったことも相談。
シミでもなく(最初からその原因はありえないけど)
アヒルの子に変身するんでもなく…


実は「パターン脱毛」でした。
ダックスに多い症状で、はっきりした原因は
わかっていないそうです。
ホルモンが関係しているのでは、と
言われているとか…

鼻峰、耳のふち、尻尾の付け根の部分が脱毛するらしく
なでててゴソッと抜けるようだったら
「パターン脱毛」と疑っていいみたいで。
サン太の場合は、犬種的に全体の毛は抜けやすいのですが
部分だけゴソッと抜けるって感じじゃなく…


サークルの中の柵に鼻をこすりつけていることも
あるので、それが原因なのかな?とか、
こすりつけるのもストレスからくるのかな?とか
心配したけど、ストレスではないみたいで
ちょっとだけホッ。
ちなみに、ストレスの場合は口が届く部分
(足とか)を繰り返しなめたりして、
それで毛が抜けてしまったりすることも。


治療としては、サプリメントを
しばらく飲み続けること。
時間は数カ月かかりそうですが、
徐々に治ってくるそうです。
良かったexclamationグッド(上向き矢印)

ちなみに、今日の体重は3キロ。
ナイスパディexclamation×2るんるん


診察が終わって会計を待っていると
13キロもある柴犬が小柄な飼い主の肩に
おんぶしてやってきました。
ワンちゃんのほうが大きいくらいわーい(嬉しい顔)
なのに、このワンちゃん、大のお医者さん嫌いらしく
震えちゃってて、不安気な顔バッド(下向き矢印)
体は大きいのに不安な態度が
すっごく可愛くて笑ってしまいました。
診察が終わると態度は一変あせあせ(飛び散る汗)
サン太を見てワンワンワンワン犬
サン太は突然のことにビックリあせあせ(飛び散る汗)
ワンちゃんも人間と同じ感情を持ってんだなーと
微笑ましくなった出来事でした。
posted by ワンコ at 11:31| Comment(0) | 予防接種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする









RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。